"Panzl had the Suite op 133 selected by Castelnuovo-Tedesco, and the 'Caprice en Forme de Valse' by Paul Bonneau. He impressed with the brilliant mastery of his instrument, knew how to make tasty the tonal finesse and beauty of the vibraphone to the audience."
Elisabeth Aumiller | Reichenhaller Tagblatt
"Gently, as the approach of the wind the Marimba sounds under Panzls play at the start, rising to fast rhythms, led by Panzl masterfully to voltage and sound intensity, reveals her unlikely wide dynamics, from barely audible spring swing up to the bell tower-like roar."
Marcus Vitolo | Kulturvision
"Largest enthusiasm elicited again the third set of Castelnuovo-Tedesco's suite as an encore and finished with a musical performance of world-class."
Marcus Vitolo | Kulturvision

ダビット・クリストファー・パンツル:

 

ザルツブルグ出身。4歳より打楽器を始め、13歳でバードライヘンハール交響楽団とソリストデビュー。高校在学中は度々ニューヨークへ渡りジャズを中心に様々な打楽器に取り組む。その後ウィーン市立音楽大学を最優秀首席の成績で卒業。またマリンバのレッスンのため1年間、桐朋学園大学で安倍圭子氏に師事。

 

2012年よりウィーン国立音楽大学打楽器科講師。オーストリア、スロベニア、東京、台湾、中国等でコンクールの審査を務め、アメリカ、ドイツ、日本等様々な国でマスターコースを行うなど教育活動に力を入れている。

 

ソリストとしてはサントリーホール、ウィーン・コンチェルトハウス、チューリッヒ・トーンハレ、ソウルアートセンター、ハンブルク・エルプフィルハーモニー、ザルツブルグ祝祭劇場などで演奏。シフコビッチ、ジェフ・クィーン、HKグルーバー等著名な演奏家と共演を重ね、安倍圭子、P.ケーネ、E・シュナイダー等各氏作曲家から初演演奏も数多く依頼される。

レコーディング活動はこれまでにHarmonia MundiよりTango ContinuoEdelよりElectric FieldsLivestreamWave at Boundariesがリリースされている。近年は執筆にも力を入れており、「リズム練習曲集」、Doblinger出版社から「オーケストラ入団試験のための練習」が発売された。

 

YAMAHA アーティスト所属。Mike Balter マレット、Loyal Drum使用。